タイのバンコックで初体験

タイのバンコックで初体験

タイのバンコックに赴任していた昨年、タイのケータリング・サービスを経験しました。

 

通勤が、ベンツでの送り迎えというお嬢様がいたのですが、彼女の誕生日パーティーをすると自宅へ招待されました。バンコック中心街にある自宅へ行くと、クルマが何台も入っていける広大な敷地に、プールつきの白亜の大豪邸が建っていました。
最近では色々な形態があります⇒東京 ケータリングで検索
そのプールサイドに、膨大な大量のタイ料理と中華料理、日本料理が並んでいました。
同窓会で幹事になった!ケータリング 東京で調べる。

 

同僚と2人で、「これだけの料理をどうやって用意したのだろう」と思っていると、タイでは有名なデュシタニホテルのケータリングサービスだと教えてもらいました。
オリジナルな演出をするなら港区 ケータリングを。

 

日本料理は、寿司や刺身はもちろん、茶そばに湯葉、流しそうめんまで用意されていました。中華はペキンダックからフカヒレスープ、ツバメの巣までありました。超豪華なホテルでのパーティーが、3つ、4つ一緒になっているようでした。客の数も多く、500人はいました。
準備も片付けも不要!パーティーはケータリング 港区が好評でした。
結婚披露パーティーではなく、年に一度は巡ってくる誕生パーティーで、一体いくらのお金を使うんだろうと仰天したものです。
世界で1つだけのケーキを⇒ケーキデリバリーで検索。